食事

食事と健康のページ

スポンサードリンク
                 

     

☆食事と健康☆




食事は健康に大きく影響を与えます。

病気を予防するバランスの取れた食事を取り、
健康な体をつくりたいものですが、
具体的にはどのようなものかがはっきりしません。

このバランスは、糖質・たんぱく質・脂肪の
三種類の配分が大切となります。

動脈硬化にもかからず、がんにもかからないような
食事であるためには、糖質六十%、たんぱく質十五%、
脂肪二十五%がよいでしょう。

健康づくりは一人ひとりの幸せに直接つながるものです。


スポンサードリンク

☆メニュー☆
エネルギーの大部分は糖質で、残りはたんぱく質と脂肪で補い、
動物性のものと植物性のものを、半分ずつ取るのがよいと思います。
   
お酒を飲む人は、お酒の分だけ、エネルギーオーバーのことが多いので、
注意が必要です。

  ご飯一杯(160kcal)=ウイスキー(ダブル一杯弱)・ビール(コップ二杯)・
                日本酒(一合弱)・ワイン(グラス二杯)に相当します。


五十代になっても、若い頃と同じように食べてると、体重は増えてしまいます。
それは、全身の筋肉が衰退し、基礎代謝がぐんと減ってくるからです。

全身の筋肉量の違いで、体のエネルギー消費量が違います。

肥満の解消には、食べ過ぎの解消と共に、摂取エネルギーの消費率を上げ、
太りにくい体に変えていくことが大切です。

筋肉が発達している人は、エネルギー消費量が多いので太りにくいです。

筋肉が萎縮している人は、エネルギー消費量が少ないので太りやすいです。

日本人の食事は、ご飯、味噌汁、漬物など塩分が多く、肉の少ないものでした。
その結果、高血圧、脳卒中、胃がんの人が多いです。

一方、欧米のように、たんぱく質と脂肪、
特に動物性脂肪をたくさん摂取しているところでは、
狭心症、心筋梗塞という様な心臓病が多いです。

遺伝的な影響もありますが、これらの病気をおこすかどうかは、
毎日食べてる食事が重要な意味を持ってるといえます。

それを防ぐためには、正しい食生活を普段から見に付けておくことが大切なことです。

食事は健康と密接な関係がありますね。

朝食は、午前中の活動にとっては重要な意味を持っています。
朝食を抜く食習慣を付けてしまうと、睡眠不足になったり、夜食べ過ぎてしまうなど、
則正しい生活が送れないようです。

一回食事を抜くので、やせるような気持ちになりますが、
かえって昼食、夕食の過剰摂取の原因となり、
今以上に太ってしまうという悪循環に陥ってしまう恐れがあります。

お相撲さんは一日二食だそうですよ。

また夜食をすると、エネルギーを過剰にとり過ぎ、
余分なエネルギーは蓄積され、太りすぎにつながります。

食事はゆっくり食べて、よくかんで食べて下さい。
早食いは太りすぎに結びついてしまいます。

食生活は、1日30品目以上の食品をバランスよく、
規則正しく取ることを基本にすると良いでしょう。

肉類を控え、野菜中心の食事が良いと思われがちですが、
肉や魚、牛乳、卵といった動物性たんぱく質が不足すると、
脳の血管の弾力性が失われて血管壁がもろくなり、脳卒中をひきおこしやすくなります。

 ○血液の凝固や血栓を予防し、動脈硬化を抑制するEPA(エイコサペンタエン酸)という
  不飽和脂肪酸を多く含むサンマやサバなどの青魚を取る。

 ○骨密度が低下し骨折しやすくなる骨粗しょう症予防のため、牛乳や乳製品、小魚類、
   青菜類などカルシウムが多く含まれる食品を取る。

 ○脳卒中を引き起こす要因となる高血圧の予防のため減塩にも心がけ、
  食物繊維の多い食品をできるだけ取る。

健康は食事にとても影響されますので、気をつけたいですね。

生涯を通じて健康な食事を取るためには、一人ひとりが
健康のことを考えて食事を取るよう努力することが大事です。

ここでは、健康を考えた食事についていろいろな事を
紹介していけるサイトにしたいと思います。

健康な生涯☆TOP

歯の健康
目の健康
耳の健康
鼻の健康
皮膚の健康
骨の健康
肺の健康
胃の健康
腸の健康
肝臓の健康
妊娠・出産・育児のページ
心の健康
家族と心の健康
認知症の予防
アレルギーと健康
ダイエットと健康
生活習慣病と健康
食事と健康
介護と看護のページ
癒しと快適生活

プロフィール

健康な食事のリンク集

相互リンク

リンク集

Copyright (C) 健康な生涯 All Rights Reserved