認知症

認知症のページ

スポンサードリンク
                 

☆認知症の予防☆



認知症は、老化による脳の神経細胞の減少が原因ですが、
何らかの原因で脳に変化が起こる病気です。

認知症の多くを占める「アルツハイマー型」と
「脳血管性」、」「レビー小体型」があります。

健康なうちに、認知症の予防をすると、
少しでも病気を遅らせることができると思います。


スポンサードリンク

☆ニュー☆
「アルツハイマー型」は、認知症の約半分を占め、
脳内で起こるさまざまな変化が原因で脳神経細胞が急激に減り、
脳全体が萎縮し、その結果物忘れが始まり、
新しい出来事が記憶できにくくなります。

判断力も低下し、時間や場所、人物の認識ができなくなるため、
病気が進行すると日常生活にも支障を来たすようになります。

また、徘徊や、作り話や、非常識なことも平気でするようになり、
介護する人も眼が離せない状態になります。

「脳血管性」の認知症は、多発梗塞性痴呆とも呼ばれ、
小さな梗塞がたくさんできるため障害が起こった脳内の場所によって、
脳機能がまだら上に低下します。

その為、記憶障害がひどくても人格や判断力は保たれるのが特徴で、
目まいや耳鳴り、手足のしびれなど体の症状を伴うことがあります。

「レビー小体型」認知症は、認知障害だけでなく、パーキンソン病のような
運動障害を併発することがあります。

他にも認知症の原因になる病気は幾つかあり、進行するものやしにくいもの、
治療で治るものなどもあります。

認知症による物忘れは、老化による物忘れとは違い、たった今
経験したばかりの新しい出来事や、大切なことまで忘れてしまいます。

例えば、さっき会った人のことや、今食べたという事実まで忘れてしまうのです。
進行すると、自分の家族が誰かも分からなくなり、道に迷ったり、
トイレがうまく使えなくなったりします。

しかし、人としての感情やプライドは、残っており、「こんなこともできないの」
などの言葉に傷つきます。

失われた機能を元に戻すことはほとんどできないので、
残ってる機能をなるべく長く維持することが大切です。

認知症の予防法

有酸素運動を規則的に習慣にすると認知症の予防になり、
 歩くことは大脳に刺激を与え、脳 の働きが高まり予防に効果があるそうです。

自分の好きな歌を歌いながら、腰を左右に動かし、手をグーパーするのを、
 一日三分間毎日続けると、記憶力がアップするそうです。

噛む力が弱くなると脳の機能が衰え認知症になるといわれています。
 ガムを噛みながら体操するのもいいそうです

ぬりえも脳が活性化して認知症予防になるそうです。

読み書き計算・コミュニケーション・指を使い何かを作るなども予防に
 なるそうです。

携帯電話メール、パソコンメールより手紙が脳を活性化するそうです。

日記を付けるなど、字を書くことが、脳を活性化させます。

寝る子は育つと昔からいいますが、
 成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されないそうです。
 育つためには成長ホルモンが分泌されて大きくなっていきます。

 30分以内の昼寝は認知症の予防になり、それ以上の昼寝は夜眠れなかったりして
 有害になるようです。

認知症初期の方の声です

 しっかりしているつもりなのに、記憶がぽっかり抜けてしまう。
 周りの眼が怖い。
 駄目なやつって言う眼でみんなが見てるのが分かるんです。
 これまでと同じように暮らしているつもりなのに、記憶が所々抜け落ち、
  人前でミスを犯してしまう。

信じられない出来事が増えていく日々、それは体験した人でないと分からない、
恐ろしいことといいます。

失われるのは記憶だけではありません。周囲の目が冷ややかになり、
信頼や関係も失うことが認知症の人にとって最もつらい体験といいます。

食事でも認知症の予防の取り方などがありますので、参考にしてください。

テレビ、本、新聞などで、見たり、聞いたり読んだりした情報を、メモしてたものです

 ボンレスハムとしょうがを一緒に食べる(ボンレスハムのしょうが焼き)

 納豆に胡麻やナッツと一緒に食べる

 マグロの鉄火丼

 まぐろのトロとしそを一緒に食べる

 厚揚げとあさり入りカレー(油揚げには大豆のサポニンが凝縮されている。)

 卵スープに山伏茸を入れて飲むと良い(アルツハイマーに山伏茸がいいそうです。
   卵と一緒にとるとさらにいいそうです。)

 赤ワインで小松菜とアサリ貝を蒸し煮する(赤ワインにポリフェノール、
   小松菜とアサリ貝に鉄分が入っている、鉄分はアルツハイマーに良く効く)
   アルコール類は1日1合飲むと虚血性心疾患だけでなくアルツハイマー病の
   予防効果があるといわれております。
   
 卵(半熟)を一日一個と焼き海苔(一グラム)を一緒にとると、脳の老化を遅らせる
 
 その他

 らっきょう・発酵食品・葉物野菜・海藻類・あさり・納豆・まぐろ

 ビタミンK2・ビタミンB12・ブドウ糖・鉄分・核酸(鮭、いくら、白子、
  粉ミルクに入ってる)

  なども認知症予防に効果があるそうです。

コレステロールを下げる薬(メバロチン・リポバス・リビトール)を飲んでる人は
アルツハイマーにならないという情報がありました。

又消炎鎮痛剤(バファリン・セデス・ロキソニン)を長い間飲んでる人は認知症にならない
という話もあります。

リューマチの人はアルツハイマーにならないという話もあります。

長い間2年以上飲み続けている人で、たまにとか2ヶ月位飲んだ位ではだめなようです。
薬は副作用もありますので、わざわざ飲むことはお薦めしません。

それより食事で青魚と緑黄色野菜を中心にお酒も少々飲んだりして予防しましょう。

過酸化物質が体内の遺伝子を傷つけたり、遺伝子が傷ついたときにそれを修復できなく
させてしまうので、過酸化物質の生成を抑制してくれるのが
ビタミンE・C・ベーターカロチン(人参に含まれている)・リコピン(トマトに含まれている)
などを摂ると癌の予防にもつながります。

生涯を通じて認知症にならないためには、一人ひとりが予防につとめ、
努力することも必要かもしれません。

私の母も認知症で徘徊がありますので、目が離せません。
私のことは、顔を暫く見てると名前を呼んでくれますが、妹だと思っているようです。

常識がなくなり、とんでもないことを平気でしますので、びっくりしますが時々
昔の大好きな優しい母の顔をみてると、私の心は癒されます。

今は時々あずかるだけなので冷静にみれますが、以前毎日一緒に住んでるときは、
ストレス満開でした。2007年12月から脳梗塞で左半身麻痺の夫を介護していますが
認知症の母のほうが大変でした。

最近は認知症の人が徘徊して電車にひかれ、介護している80代の妻に損害賠償
という新聞の見出しにびっくりしました。

介護している人が数分目を離したすきに認知症の人は徘徊する人がいます。

私が二人は見れなくなり、兄が母の介護をすることになり、2014年6月6日に母は
他界しました。


健康な生涯☆TOP

歯の健康
目の健康
耳の健康
鼻の健康
皮膚の健康
骨の健康
肺の健康
胃の健康
腸の健康
肝臓の健康
妊娠・出産・育児のページ
心の健康
家族と心の健康
認知症の予防
アレルギーと健康
ダイエットと健康
生活習慣病と健康
食事と健康
介護と看護のページ
癒しと快適生活

プロフィール

認知症1のリンク集

相互リンク

リンク集

Copyright (C) 健康な生涯 All Rights Reserved