健康な目のページ

スポンサードリンク
                 

        

      ☆目の健康☆



は情報の窓口みたいなものです。

出生時には一応完成して生まれてきますが、その機能は、
出生後の外部からの光刺激によって完成されます。

を動かして左右に追うのは一年でできるようになります。
両目で見る能力は、一年から六年で発達完成します。

視力は一人ひとりが気をつけることで
予防できることだと思います。

の健康づくりは一人ひとりの幸せに直接つながるものです。


スポンサードリンク

☆メニュー☆
二歳半頃になると視力も成人と同じくらいになります。
学童期は近視に注意してあげましょう。

眼精疲労は、目の疲れがひどく、「まぶたが重い」、
「まぶたがピクピクとけいれんする」、「目がかすむ」、「充血する」、「目が痛む」
などさまざまな症状が表れ、なかなか回復しない状態をいいます。

また頭痛・目まい・肩こり・吐き気・下痢・便秘などの症状が出ることもあります。

最近はテレビゲームやゲームウオッチなど、目に悪い影響を与えるおもちゃが
蔓延しております。

テレビゲームやパソコンゲームは、集中力も増してくるので少なくても一時間ごとに
十分は休みを取らせ、遠くの物を見るなどして目を休ませてください。

ゲームウオッチのような小さな画面の物はそれ以上で、
三十分以上続けたら十分は休ませてください。

近い所をじっと見て、連続的に仕事をしていると、目は疲れます。
事務作業も手作業も、疲れるのは同じです。

この場合の疲労予防と回復法は、ときどき遠くを見てしばらく
瞑想にふけるのもいいですね。
ほんの数秒でもかなり効果的です。

疲れすぎるまえにするのがこつです。
よい眺めのない所では、天井を見上げるのも一つの方法です。

又、目を閉じるのは、目の休養には一番で、動くものを見る仕事の人には、
特によい方法です。

時には、外に出て身体を動かしたり、遠くの山や景色を見たり、
木々の緑をみたりすると、目にはもちろん身体にも精神にも休養になって、
とてもいいと思います。

机の上は明るすぎても暗すぎてもいけません。
直接光が目に入らないように、又部屋の明かりをつけて室内での明暗をなくし、
本を読むときは三十センチは離しましょう。

色覚障害は、小学校入学時の身体検査で発見されることが多いです。
遺伝的に発生しますが、特殊な仕事にはつけないですが、
決定的ハンデイーではありません。

人は皆何らかのハンデイーを持っているのですから、
他の方面の努力で他人より勝ればよいのです。

老化とともに、老眼、白内障などが発症します。

老眼は、早い人では四十歳を過ぎたころからはじまりますが、
近くが見えにくく、四十五センチ位に目を離さないと見えにくくなる状態のことです。

遠視の傾向の人は、もともと近くを見るのに調節力を強く働かせているため、
症状が早く現れます。

白内障は、水晶体の中ににごりが生じ、目の瞳の部分が白くにごって見えます。
六十歳頃から目立ってきて症状は景色などが見にくいことから始まります。

紫外線を浴び続けると、白内障の原因になるとも言われています。

私の知人は建築業で外でよく仕事をされるのですが、五十五歳で手術を受けました。
目に紫外線を入れないようにくふうする生活を心がけたいですね。

例えばサングラスですが、サングラスを買うときは、反射防止膜やUVカットなど
ほどこしている物を選んで下さいね。

乗り物の中で読書すると、乱視になったり視力が低下すると考えられます。
暗くなったり、明るくなったり動いたりして目に負担がかかります。

目にごみが入った時は、痛いからといって目をこすらずに、静かにまばたきをする
などして、涙と一緒に出すようにして下さい。

取りやすいところは、ガーゼなどで軽く取って下さい。
涙は目に入ったゴミを洗い流してくれ、そして、角膜に栄養や酸素を運んでくれます。

涙が出なくなると、角膜が乾燥して目に大変悪い影響を与えます。
涙は殺菌作用もあり、悪い菌をやっつける働きもあります。
まばたきによってこれらの役割を果たしてくれます。

涙の98%が水分で、他にナトリウム、カリウム、たんぱく質などが含まれております。

涙は嬉しいときや悲しいとき感情的に出てきたり、又植物によっても出てきたりします。
例えばわさびを食べた時、玉ねぎやねぎなどを包丁で切ると、
「硫化アリル」という物質が目を刺激して涙が出てくるのです。

玉ねぎを切るときは、よく切れる包丁で水で濡らしながら切るといいです。

涙は上のまぶたの『主涙腺』という所で作られ、目の表面を潤したあと約10%は蒸発して
残りは目の内側にある『涙点』に、そこから目と鼻をつなぐ『涙小管』から『鼻涙管』を通り
『鼻腔』へと流れます。

まばたきは、涙のポンプの役割をしています。
まばたきをする度に、目の表面に一定量の涙が送り込まれます。

乾きそうになると、パチリとまばたきをして目を潤します。
1分間に約20〜30回程まばたきを繰り返して、目の表面をリフレッシュさせています。

本を読んだり、パソコンを見続けていると、まばたきの回数は普段の約1/4になります。
意識してまばたきの数を増やし、適度な休みを取るようにしましょう。

涙は、目が正常な働きをするためには欠かせないものです。
目はキズつきやすく、ばい菌や異物から守り、又角膜へ酸素や栄養分を届けるのも涙
の役目です。

生涯を通じて目が健康であるためには、一人ひとりが目の健康を努力する
ことが大事です。

ここでは、目の健康についていろいろな事を紹介していけるサイトにしたいと思います。

健康な生涯☆TOP

歯の健康
目の健康
耳の健康
鼻の健康
皮膚の健康
骨の健康
肺の健康
胃の健康
腸の健康
肝臓の健康
妊娠・出産・育児のページ
心の健康
家族と心の健康
認知症の予防
アレルギーと健康
ダイエットと健康
生活習慣病と健康
食事と健康
介護と看護のページ
癒しと快適生活

プロフィール

目に関するリンク集

相互リンク

リンク集

Copyright (C) 健康な生涯 All Rights Reserved