健康な心のページ

スポンサードリンク
 


        

☆心の健康☆



健康なは、丈夫で弾力的な復元力をもちます。

の養生は休むことと没頭できる遊びからだそうです。

の健康」の為には、何もかも忘れてできる趣味を
見つけることが大切です。

心の健康に良い職場は、従業員の眼が輝いているそうです。

一生懸命働くことは悪いことではありません。
しかし、その為に健康をそこねたら、
何のために生きているのかわかりません。               


スポンサードリンク

☆メニュー☆
経済成長の中で、社会のテンポが速くなったストレスの多い現代を、
健康で生き抜くためには遊ぶことも必要なのかもしれません。

週休二日制が普及し、夏や正月には、長期休暇がとれるようになりました。

会社が休みの時ぐらい、自分自身のためだけに使うこともたまにはあっても
いいのではないでしょうか。

単なる肉体疲労だけなら、ほとんどの場合は、ゆっくり寝て体を休めていれば、
体の回復とともに、気分も元気になってくるものです。

ところが、現代の疲労は、肉体疲労と精神疲労が複雑に絡み合っている場合が多く、
いくら寝てもだるさが取れずに気分が落ち込んでいくとか、休養を取っているのに、
慢性的な病気が治らないということがよくあります。

なかなか血圧が下がらず、薬もあまり効かないとか、
血糖値がすぐに上がってしまうという人もいます。

ほとんどの人がそれを「年のせい」とか「体質」とあきらめ、我慢していますが、
実は、身体的な不調の裏で心因性の疲労感が大きく影響しており、
心因性のものを軽くすると、症状の改善が見られることがあります。

心身症は、生活習慣の乱れとストレスが絡みあった疲労から起こる、体の病気です。

心身症を起こす人には、高血圧、狭心症、胃潰瘍を患う人が多いそうです。
心理面からの配慮が必要で、その原因となっている精神的ストレスを解消
しなければ再発を繰り返します。

それを防ぐためにも心身両面からの治療が必要です。

肉体的な疲れと精神的な疲れが重なり合った慢性疲労が続いていると、
テレビを見ても以前のように面白くないし、家族のことにも関心がなくなってきます。

何を目にしても誰と話しても心がそこにはありません。
このような変化が起きているときは、すでに心身症を考える必要があります。

感情の起伏が薄らいでくるのは、心身が防衛体制に入っているサインです。

心も体も休ませてあげないと、溜まった疲れは抜けません。
体が疲れていると、血行もとどこおり、細胞の代謝も悪くなります。
そうすると調子も悪く、だるくなるばかりか、心も晴れず、
気分も沈んでいくという悪循環に陥ります。

心が疲れていると、しなやかにものごとを受け止められず、
前向きに考えられなくなってきます。

そんなときは体を動かすのも億劫で姿勢も悪くなり、
身も心も重苦しくなるばかりです。

誰もが目に見えない精神的なストレスを受けていると思います。
体力の衰えを感じたら、軽い運動からはじめるといいですね。

例えばジョギングは会社の通勤をなるべく歩くように心がけるだけでも
違うそうですよ。

時間のない人でも出来そうですね。
エレベーターを利用しないで階段を利用するとか・・・

心の動き、喜怒哀楽をはっきりと顔にだしてしまうのは、
はしたないと考えてしまいがちですが、無理をして感情を抑え、
心にうっ積するものがあると、体によいはずがありません。

ある人には何でもないことが、他の人には胃潰瘍の原因になることがあります。

寂しいときには、素直に表情に出すのが人間の自然な感情です。
周囲の人に迷惑をかけない方法で、心のはけ口を用意したいものです。

心の健康管理は、上手な気分転換から始まります。
自発的に憩いのひと時を作り、心をリラックスさせる方法を身につけたいものです。

その為にも常に、感情面での起伏を自己チェックし、
修復が不可能になる前に手を打てるようになりたいですね。

生涯を通じて心が健康であるためには、
一人ひとりが健康に暮らすよう努力することが大事です。

ここでは、心の健康についていろいろな事を紹介していけるサイトにしたいと思います。


下の花は私が写したものです。花を見て少しでも癒されたら嬉しいです。

健康な生涯☆TOP

歯の健康
目の健康
耳の健康
鼻の健康
皮膚の健康
骨の健康
肺の健康
胃の健康
腸の健康
肝臓の健康
妊娠・出産・育児のページ
心の健康
家族と心の健康
認知症の予防
アレルギーと健康
ダイエットと健康
生活習慣病と健康
食事と健康
介護と看護のページ
癒しと快適生活

プロフィール

心の健康のリンク集

相互リンク

リンク集

Copyright (C) 健康な生涯 All Rights Reserved