健康な歯のページ

スポンサードリンク
                 

           

       ☆歯の健康☆



は私達の身体にとても重要な位置を示しております。

良く噛まないと胃腸を悪くしたり、噛むことによって
脳への影響も関係がありますし、
身体にさまざまな悪影響をおこします。

は健康を維持するうえで大切な消化器官のひとつです。
の健康づくりは一人ひとりの幸せに直接つながるものです。

歯が健康になることによって、身体も健康になります。
歯は生え変わりませんので、一本一本大事にしましょう。


スポンサードリンク

☆メニュー☆

虫歯は酸で歯が溶けて穴が開く病気です。
はじめは小さな穴が徐々に大きくなり、神経に達すると激しい痛みが生じます。
放置すると、あごの骨が腐ってしまうこともあります。

良く噛むには丈夫な歯でないといけません。
丈夫な歯を作るには乳児の時から気をつける必要があります。

乳歯だからと虫歯を放っておくと一生悩まされます。
乳歯の虫歯はきちんと治療し、乳歯といっても粗末に扱ってはいけないのです。

乳児の時は母親がケアーして下さいね。
私の場合、ガーゼにお茶をたらし、優しく拭いてあげました。

1歳になると乳幼児用の歯ブラシを持たせ、私も一緒に磨くとまねをして子供も
歯を磨いてくれました。

そのあと子供の頭を私の膝の上に寝かせ、そうすると口の中がよく見えます。
子供用の歯ブラシで、優しく磨いてあげ、ガーゼで拭き、お茶でうがいを
させました。

お茶に含まれているカテキンパワーはすごいらしいですね!お茶の中で
カテキンは煎茶が一番多く含まれているそうです。

お茶でうがいをすると虫歯の予防になり、幼児には飲み込んでも害に
なりませんし、カテキンはうがいをすると、インフルエンザの予防にもなり
一石二鳥です。

匂いを吸着する力もあり吸着力も発揮します。
又、最近お茶の研究ではカテキンがアレルギーを抑える働きもあることが
わかったそうです。

1日にお茶を5杯飲めばいいそうです。

外国では日本のお茶(グリーンティ)が健康にとても良いということで
ブームになってるようです。

お茶は私達のまわりにどこでも手に入る環境にあります。良い健康食品ですね!

うがいができるようになったら歯磨き剤を使いました。
フッ素入りがいいと思います。

子供の歯を磨くときは、決して強く磨かないでくださいね。
優しく磨いてあげてください。

それを小学校に入学する前まで続けていました。
二人とも入学する時に県から表彰され長男が県歯科医師会賞、
次男が県知事賞をいただきました。母親としてとても励みになりました。

それが子供とのスキンシップにもなり、二人育てましたが二人とも嫌がらず、
喜んで飛んできました。
たまには「僕が先〜」とか二人でもめたりして、歯を磨くのがとても楽しそうでした。

小学校時代は自分で磨かせたあとは私が必ずチェックしました。
子供は自然に歯磨きの大切さがわかったのか、食事の後は自分から
磨くようになりました。

とにかく子供が嫌がらずに磨かせることが大事だと思います。

子供は二人とも二十代になりましたが、今も続けているようで虫歯はないそうです。

歯の清潔を保つには、歯磨きが一番です。
そして食べてすぐに実行するのがよいですね。

歯についたよごれは、時間がたつと歯にぴったりくっついて取れにくくなります。

歯ブラシ選びは、手首の運動がブラシの先に伝わるように、角度のついたものが
使いやすいでしょう。

毛先は、歯ぐきを傷つけないように丸味を帯びたものがよいですね。
電動歯ブラシは角度とあてかたを十分知った上で使うようにしましょう。

歯石は自分ではとる事はできませんので、歯科医で歯石を取ってもらいましょう。
そのときに歯磨きの基本を教えてもらうといいですね。

歯周病は、歯をささえている歯茎に炎症を起こす病気です。

歯茎が腫れて歯石が沈着し、うみが出て、歯を支えている骨が溶け、
最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は日本人の80%以上の人がかかってるそうです。
自覚症状が少なく、知らない間に進行しますので、注意してひどくならないうちに
治療したほうがいいですね。

重症になると、一度に何本も歯が抜けることがあります。

歯周病にならないためには、歯の周りに歯垢をつけないことです。
それには口の中を常に清潔にして下さい。

高齢になって歯がなくなるのは、歯周病の原因が多いそうです。
最後まで自分の歯で食事したいですね。

歯周病の治療は初期は痛みもほとんどないですが、
重症になると苦痛をともなうそうです。

私は痛みは苦手なので歯を磨く時は、一本一本順序良く磨くように
心がけています。
時間がかかりますが、これからも自分の歯なので続けていこうと思います。

生涯を通じて歯が健康であるためには、
一人ひとりが歯の健康に努力することが大事です。

ここでは、歯についていろいろな事を紹介していけるサイトにしたいと思います。

健康な生涯☆TOP

歯の健康
目の健康
耳の健康
鼻の健康
皮膚の健康
骨の健康
肺の健康
胃の健康
腸の健康
肝臓の健康
妊娠・出産・育児のページ
心の健康
家族と心の健康
認知症の予防
アレルギーと健康
ダイエットと健康
生活習慣病と健康
食事と健康
介護と看護のページ
癒しと快適生活

プロフィール

歯と口内のリンク集


相互リンク

リンク集

Copyright (C) 健康な生涯 All Rights Reserved